アニマンダラ★生命の己読みBLOG

生命進化に見るココロのカタチ・アニマンダラ関連の事項を綴ります。

空間を守護するアニマルメディスン

 
f:id:animandala:20170515073639j:plain

  

 時々、

 『何がきっかけで、アニマンダラが生まれたのですか?』

 
 と訊かれることがあります。 
 

 

 
 これは、結構返答に困る質問で
 その時々の文脈で、お答えさせて頂いております。
    
    
 というのも、どれが元とはもう言えないくらい
 様々な関心、実体験(中には不思議な体験も)
 直感、概念がタペストリーのように折り重なり
 カタチとなったものだからです。


 

 どれか1つが欠けても、
 今のアニマンダラにはならなかっただろうな〜、と思います。
   
  
 そんなアニマンダラですが、
 シャーマニックな分野や、動物のシンボリズムについて
 特に豊かなインスピレーションを与えてくれたものに
 アニマルメディスンがあります。 

 
  
           
 
 
 初めて出会ったのは1997年。かれこれ20年になります。
 この時期は思い返せば、奄美大島やヌーソロジーなどなど
 他にもアニマンダラに繋がるキーワードとたくさん出会いました。
 古生物の研究に取り組み始めたのも、この年ですね。
 私自身の数秘1の年にも当たりますから、沢山のタネが植えられたんですねぇ。
   
   
 とはいえ、当時の私は何も分からず、バラバラの興味で
 それぞれつまみ食い的に手を出していただけなのですが。笑
  

 
 まさかこれらが長く継続し
 ひとつにつながっていくとは思っておりませんでした。
  

 
 今回は、レクチャーでも時々登場する
 そんなアニマルメディスンについて
 ご紹介することにしましょう。
   

  * * * * * * * * * * * * *
  

 ◉ アニマルメディスンとは

    

 アニマルメディスンは
 ネイティブアメリカンの自然観に基づく伝統セラピーのことです。

 
 トーテム・アニマル
 パワー・アニマル
 アニマル・スピリットガイド
 
 とも呼ばれます。

 
 
 ネイティブ・アメリカンは
 人が大地でよりよく生きていくために
 一人一人に特別な守護動物がついていて、ガイドしていると考えました。
 
 
 彼らは、動物たちを、私たちの一般的感覚とは
 少し異なる捉え方をしていました。
 
 
 動物達を、
 ある種の特別な知恵を持った隣人(羽の生えた人、四つ足の人など)
 もしくは、
 偉大な霊的存在の表れのひとつとして観ていたのです。
 
 
 イーグル、ウルフ、タートル、ハチドリ、トンボ、、、
 どんな動物であっても
 それぞれ " 生きること " の特定の分野の専門家であり
 その知恵を人に与える、良き先駆者、精霊、メッセンジャーでした。
 

 f:id:animandala:20170515090303j:plain
 

 f:id:animandala:20170515090351j:plain

 f:id:animandala:20170515093241j:plain

 

 こうした伝統は、ネイティブ・アメリカンに限らず
 表現は異なるものの
 世界中の先住民文化に見い出だすことができます。
 
 
 日本では神道の動物に対する眼差しの中に
 あるいは、アイヌのカムイ(神威神居 / 動物たちを神の仮の姿と見る)の概念に
 通じる世界を見ることができます。
 

 f:id:animandala:20170515085927j:plain
  
 
 私たちは、"この世"と呼ばれる
 三次元世界(四次元時空)に生まれ落ち
 一人一人の人生を送っています。

  
 そして、いろいろんな局面に遭遇し
 それぞれ多様な価値観に基づいて
 葛藤したり喜んだりしながら、成長していきます。
 
 彼らはそんな生きる道を " 大地の道 "、" 赤い道 " と呼びました。
 
 
 一方で、それとは異なる
 人間的観念を超えた彼岸の領域を
 精霊の" 青い道 "、もしくは" 黒い道 "と呼びました。

 
 非物質的世界、時空を超えた霊的領域。潜象界。
 それは、純粋持続の空間でもあります。
  
 
 赤い道と青い道は、昼と夜の関係でもあり
 目に見える赤の世界は、
 見えない青の世界に支えられている
 と考えられていました。
 
 

 人間が赤い道を、独りよがりに陥らず
 世界との有機的で調和的な繋がりとともに、豊かに生きていくためには
 赤い道と青い道のバランスが大事で、そのためのガイド精霊としての存在が
 アニマルメディスンです。
  

 ちなみに
 メディスンには " 治療 " という意味があります。
 人間は生きていく上で、壁にぶつかったり
 葛藤から、ある種の " 歪み " を抱えてしまいがちです。
 
 それを放置しておくと、大きな歪みとなり
 青い道とつながりが切れてしまいます。
 すると恐れと葛藤に囚われて、赤い道を闇雲に歩むこととなり、
 気がつけば人生という森の中に迷い込んで、酷くなると遭難したりします。
   

 そんな心の歪みを調整し、治療する。
 メディスンにはそんな意味があります。
  

 
 また、恐れと葛藤を乗り越えるための
 内在された自己治癒力としての
 " 才能 " と " 知恵 " の開花も意味しています。
 それは
 自らの存在を適切に世界に表現するための
 力でもあり、治癒なのです。

 
 動物達が純粋なのは自我がなく
 魂の資質を素直に表現しているからです。
   
 
 世界に自分が適切に表現されていない時
 例えば自らは、狼の魂であるのに
 犬としての表現をしているならば
 生命は滞り、やはり歪みとなります。
 逆もまた同じです。
 

 "
  ある人のパワー・アニマルがウルフだとしよう。
  彼 / 彼女は生まれながらの教師だ。
  道を見いだす者、何事かを始める者、発明家、である。
  しかし本人は、必ずしも与・えられたギフトを自覚していない。
  存分にそれを使っているとは限らない。
  パワー・アニマルであるウルフは、持っていながら使っていない才能、
  つまり開発すべき才能に気づくよう本人を助ける。
  才能を無視していると、ウルフが逆きになって現れるかもしれない。
 "
 デイビッド・カーソン、ジェイミー・サムズ著
  『メディスン・カード』より
 

 アニマル・メディスンは、動物たちのシンボルを通して
 自らの魂に触れ、バランスし、解放するガイドなんですね。
  
  
 アニマンダラ風に表現すると、
 
 外骨格意識が生み出す、恐れの迷宮に嵌った心に
 光明を与え、バランスが取れた方向(等化の方向)へと導くガイド。
 あるいは、内骨格意識における
 「自覚されない希望」の守護者としての動物意識。
 といったところでしょうか。
  
 
 また、ちょっと小難しいかもしれませんが
 認知心理学的に説明した場合は、
 アニマルシンボルによって、知恵や能力を共感覚的に表現し
 それとシンクロすることで、特定の行動や認知スタイルを自らに取り込んで
 才能を開花させたり、気づきを与えるシステムと言うことができるでしょう。
  
 

◉ 9匹のトーテム・アニマル

 
 アニマルメディスンは、人生のその時その時に
 縁があってガイドしてくれる動物達とは別に
 生涯変わらない、生まれながらにして縁が深い
 9種類のトーテム・アニマルがいます。
 
 
 私たち一人一人の体験の場である
 この "時空間" での人生が、青い道と切り離されることなく
 より良い旅となるよう、導くのが彼らです。
 
 だから彼らは
 東西南北に配置される中国の四神獣(青龍・朱雀・玄武・白虎)
 のように、私たちの一人一人の空間マトリクスに配置される、
 空間のガーディアンでもあります

 

 f:id:animandala:20170515093410g:plain
 
 
 漫画シャーマンキングの、シルバの持ち霊みたいな感じかな。
 シャーマンファイトはしないけど。笑
 

 f:id:animandala:20170515073544g:plain

 
 
 知恵が力という考えは、アニマルメディスンと一緒ですね。

 動物の数は違いますが。
 
 

 9つのトーテム・アニマルは、そのまま9つの方位に配置され
 八面体と球空間を形成します。
 

 

 

  スピリチャルな試練と光明に至る道、
  霊的知恵へと繋がる、ガイドアニマルの方位。

 南

  内なる子供(ウニヒピリ)を守り、育む方位。
  自己信頼と謙虚さのバランスを、無邪気さを通して学び、助ける。
 
 西

  この人生でのゴール達成への道を示す方位。
  真実と内なる答えへと導く道。

   賢明なる知恵の方位。

 
 

  星の国、上位の世界を敬う心と、
  ドリームタイム(他の次元をら訪れる時)の守護者。
  進化の方向性。

 

  大地と繋がり、グランディングするための方位。

 内(中心)

  心が望む真の喜びを探し出し、自分の真実とつながる、神聖な領域

 左右

  女性性と男性性を守護する方位。
  この二つと内は、自分固有の方位。
 
 東西  青い道を導く
 
 南北  赤い道を導く

 
 

 9種類のうち、左右を除く7種類は、
 メディスン・カードを使って直接知ることが可能です。

  
 左右の動物は、7種の動物たち以外で
 自分が縁を感じたり、気になる生き物を探り出し、そこから選びます。
 
 

 ちなみに、私のアニマルメディスンは...

  
 東 ➡ ブルーヘイロン(アオサギ )/ 自己認識・真実の姿
 南 ➡ プレーリードッグ / 安息
 西 ➡ 雷鳥 / 聖なる螺旋・無限回帰
 北 ➡ スネーク/ 変性・毒を薬に・脱皮
 上 ➡ クジラ / 記録保管・太古の図書館
 下 ➡ イルカ / 聖なる息吹・マナ
 内 ➡ 亀 / 母なる大地・地球
 右 ➡ ウルフ / 教師・森の探求者
 左 ➡ カワウソ / 女性メディスン・姉妹愛

 
  です。

 

f:id:animandala:20170515181939j:plain

  
 
 各動物の詳しいメディスンについては、私のアニマルとは別に
 一般に馴染みのありそうな動物から
 時々ブログ等でも取り上げようかな、と思っています。
 
 

 守護動物達と出会い、彼らと同調することは
 自分の本質的な強みや豊かさとつながる
 一種のイメージワークとして有効です。
 
 
 現代は、" 青い道 " がすっかり忘れ去られ
 " 赤い道 " のみの世界観が
 カサカサに乾いて、伸びている、そんな時代かもしれません。
 
 
 アニマルメディスンは
 一見すると動物タロットのような印象を与えるがもしれませんが
 (そのような使い方も可能ではあるものの)
 占いというよりは、自分と対話し、周囲との関係性をバランスし
 生命や自然と繋がりを回復するためのメソッド。
 
 
 先住民に由来するメソッドですが、
 赤い道と、青い道バランスするというのは、
 現代人にこそ、必要なものではないでしょうか?


 
 ちなみに、メディスン・カードをやるようになると
 カードだけでなく、周囲の動物達が奇妙な振る舞いをして
 メディスンを与えてくれることが増えてきます。
 私は東京にいるため、動物の中でも
 都会にも沢山の種類が存在する『虫』の知らせ が多いです。笑
   

 f:id:animandala:20170515095018j:plain

 
  
 アニマルメディスンは
 アニマンダラのセッションワークのひとつとしても、行っています。
 興味のある方は、是非一度体験してみて下さい。
   

 f:id:animandala:20170515095212j:plain

 お問い合わせ・お申込み arith@tk-souken.com


 * * * * * * * * * * * * *

 
 

  先日、文才のあるkisaraさんという方が

 ( 昨年シリーズレクチャーのDVDで
  アニマンダラを学んでくださった国語の先生です。)

 セッションを受けられ、感想を書いていただいただけでなく
 ご自身の、アニマルメッセージについて
 ブログで沢山発表されています。
 (もともとアニマルとの縁が深く、昔から
 夢見にも沢山アニマルたちが登場していたそうです。)
 
 
 アニマルメディスンに興味がある方の参考にもなると思いますので
 最後に少しご紹介させていただきます~。

 

 内なる動物たち|月夜の海、朔の森

 よみがえった森の動物たち・・・前半|月夜の海、朔の森

 よみがえった森の動物たち・・・後半|月夜の海、朔の森

 

 りとる ふぉれすと クモ

 りとる ふぉれすと カエル

 

 
 * * * * * * * * * * * * *